お知らせ

今日は何の日?鹿鳴館で日本初のバザー

2010.06.12

おはようございます。㈱トキワの左治木です。今日は何の日?

1884(明治17)年、東京日比谷の鹿鳴館で日本初のバザーが行われ、上流貴婦人たちが約3000点の手芸品を持ち寄った。新聞広告などにより3日間の入場者数は12000人、売り上げは8,000円を超す大盛況だった。

エコロジーと言う意味でも、バザーはとても大切なことですよね。もう使わなくなったものをだれかがまた大切に使ってくれる。こんな素晴らしいことはありません。話は変わりますが、今、長野市近郊では、無料回収がそこらじゅうにあります。昔で言う家電リサイクル法にかかってくるものが無料で引き取ってもらえます。しかし、一見ゴミの山のように見えてしまうのは私だけでしょうか?早く綺麗に分別しないと、機械からでたオイルや錆びた液が土壌に吸い込まれてしまいます。川に流れ込む場合もあります。本当に自然破壊をしないようにリサイクルは大切ですが、後先を考えずにやることは疑問を感じます。

Category|旧ブログ

Tag|