お知らせ

今日のいい話!「残されたソース」

2011.08.19

おはようございます。株式会社トキワの左治木です。久しぶりの書き込みですみません。良い記事を見つけましたので紹介させていただきます。

残されたソース

帝国ホテルの料理長を二十六年間務めた村上信夫氏は、厨房出身で重役になった唯一の人です。十代で厨房に入った三年間、氏の仕事は鍋磨きだけでした。当時、氏と同じように何人もの少年が入ってきましたが、一年以内にはほとんどが辞めていきました。その中で、氏は「日本一の鍋磨きになろう」と決意し、銅の鍋を自分の顔が映るくらいピカピカに磨き続けたのです。やがてその働きぶりは、先輩たちの知るところとなりました。使用した鍋が返される時、普通はソースの味が分からないように洗剤が入れられてくるのですが、村上氏にだけは、ソースを残したまま返されてくるようになったそうです。それは先輩たちの秘かな応援でした。村上氏はそれを舐めて隠し味を勉強し、一人前の料理人になることができたというのです。頼まれごとは「試されごと」といいます。人からものを頼まれる際は、その受けっぷりから仕事ぶりまでが試されています。今置かれている状況を喜び、依頼された仕事を黙々とやり遂げましょう。人生を開く扉は目の前にあるのです。

何事もそうですが、与えられた仕事を一生懸命最後までやりきる。一番大切なことですね。「こんなことやったって何の役にも立たない」と思ってしまえば、そこでその人の成長は止まってしまいます。

Category|旧ブログ

Tag|