耐震性能

Earthquake resistance

耐震について

新築で家を建てる際に、どのハウスメーカーや工務店も
必ず耐震についての説明をします。
しかし、「耐震」とは一体どの程度の強度のことを差すのでしょうか。
地震があっても倒壊しなければ耐震なのか。
余震にも耐えられるのか。
家が倒壊を免れても、住めないほど家が歪んでしまったら。
それは「耐震」と呼べるのでしょうか。

いつどこで地震が起きるかわからない日本という国で、
大切な家族と家を守るためにも「耐震」はとても重視すべき項目といえます。

Demonstration

実証

スモリ工法で建てられた家の耐震実験映像です。

大型振動台の上に実際の建材で、実際の職人さんが家を建築。
阪神・淡路大震災の地震動を三次元でリアルに再現し、
またそれ以上の強さの地震波を加える実験を行いました。
その結果、スモリの家は瓦1つ、レンガタイル1つ落下しないだけでなく、
地震後も地震前とほぼ同じ耐久性能を備えるという実験結果が出ました。
これにより、スモリ工法が本当に地震に強く、
地震を経た後も長持ちする家であるということが証明されました。

Reform

耐震リフォーム

トキワでは、耐震リフォームもおこなっております。
まず、家の地盤や建物の形状、建設時期、基礎や土台、柱や壁の状態を診て
現在の耐震強度を測定します。
その後、耐震強度に合わせて必要なリフォームをおこない耐震性を向上させます。
耐震リフォームは、築年数や条件に応じて補助金が受け取れる場合があります。
(お住いの自治体によって異なります。)
大切な家族や家を守るためにも、まずは一度ご相談ください。